Sublime Textのインストール方法と使い方【無料のプログラミング用テキストエディタ】

「Sublime Textのインストール方法は?
どうやって使うの?」
そんな疑問にお答えします。

※今回はmacで説明しますが、基本的な手順はWindowsでも同じです。

 

✔︎目次

  • インストール方法
  • 最初にすべき設定
  • 基本的な使い方

 

インストール方法

dmgファイルをダウンロード

まずは次のリンクに飛んでください。


Sublime Textのインストールページ

OSXをクリックしましょう。(Sublime Text3とSublime Text2が存在しますが、必ずSublime Text3であることを確認してください)
すると、dmgファイルがダウンロードされます。

 

dmgファイルを開く

ダウンロードフォルダの中にあるdmgファイルを開きます。

アプリケーションフォルダにドラッグ

Appをアプリケーションフォルダにドラッグします。これでアプリが使えるようになりますよ。

 

アプリケーションフォルダからアプリを開く

あとはアプリケーショnフォルダから開けばOKです。開くときにセキュリティに関する警告が出るかもしれませんが、気にせず開くを押しちゃって大丈夫です。

これでインストール完了です。ちなみにアプリを開いて最初のページはこんな感じ。

真っ暗な画面ですね。ここにコードを書いていくわけです。
ひとまずお疲れ様でした!

 

最初にすべき設定


さて、アプリをインストールできたら、初期設定をしましょう。

 

Package Controlのインストール

Package Controlというものを必ずインストールしましょう。

これは、プラグインを追加するために必要なものです。

※プラグインとは、アプリに追加できる様々な機能のことです。例えば、誤字を自動的に指摘してくれるようになったり、配色などの見た目を変更したりできます。プラグインを追加することで、アプリを自分好みにカスタマイズできるわけです。

以前は以下のサイトからScriptをコピーして、アプリのConsole画面に貼り付けていたのですが、2020年9月17日現在では、違う方法になっています。


Package Controlのページ

上記サイトに飛んでいただけると分かりますが、今はこのページにはアプリ内でPackage Controlをインストールする手順が書いてあります。

今回はそのうちの1つである、「Command Palette」に従ってインストールしましょう。

 

アプリ上でinstall

まず、Sublime Textのアプリに戻りましょう。

それから、キーボード上で「cmd」,「shift」,「p」ボタンを同時に押します。
このショートカットキーを使うと、以下のように検索画面が出てきます。(このショートカットキーは後にインストールしたいプラグインを探すのにも使うので、覚えておきましょう)

上記の検索画面にInstall Package Controlと打ち込み、「enter」を押します。

これで完了です!

 

日本語設定

下の画面を見てください。皆さんが開いている画面とちょっと違うかなと思います。
そう、ツールバーが日本語になっているんですね。皆さんのはまだ英語だと思います。

英語の方がわかりやすいという人はそのままでも大丈夫です。でも多くの人はそうでないと思うので、今のうちに日本語設定をしてしまいましょう!

 

プラグインをインストール

Sublime Textの画面上で、先ほどのショートカットキー、「cmd」,「shift」,「p」を押しましょう。

そして出てきた検索画面に、「install」と打ち込んで、ください。
そしたら画面のようになるので、「Package Control: Install Package」を選んだ状態で「enterキー」を押してください。

続いて出てきた検索画面に、「Japanize」と入力して「enterキー」を押してください。すると、プラグインがインストールされます。

これだけではまだ不十分です。

 

ファイルを操作

ここからは少しだけ面倒ですが、頑張りましょう。

ツールバーの「Sublime Text」から、「Preference」→「Packageフォルダ」を選んでクリックしてください。
※人によってはツールバーの「基本設定」に「Preference」と「Packageフォルダ」が入っているかもしれません。どちらでも問題ないです。

そしたら下図のようにフォルダが浮かび上がってきます。皆さんは下の画像とは違って、フォルダが少ないと思います。

「Japanize」フォルダと同じ階層のところに、「Default」フォルダを新規作成してください。

そして、「Japanize」フォルダの中にある、拡張子が「jp」となっているファイルを全て「Default」フォルダに移します。コピーではなく移しますので要注意。

移したファイルの拡張子「.ja」を、「名前を変更」で全て消してください。

以上で完了です。ツールバーの表示は日本語になりましたか?

お疲れ様でした。

 

基本的な使い方

最後に基本的な使い方を説明します。と言っても、普通にコードを書くだけです。怖がる必要はありません。

 

例:Sublime TextでHTMLとCSSを書く場合

まずはHTMLとCSSのファイルを作りましょう。ファイルの場所はどこでも良いです。僕はiCloudの中の「書類」フォルダにまとめています。HTMLフォルダとCSSフォルダが同じ階層にあることだけは必須なので、気をつけましょう。

あとは、それぞれのファイルをSublime Textで開いて、プログラムを書いていきます。

プレビューが見たい時は、HTMLファイルの方を「Google Chrome」で開きます。ブラウザ上にプレビューが表示されます。

こんな感じで使っていきます。

 

以上です!